日本ハウズイングの評判は口コミでチェックしよう

空室期間が重要です

集合住宅

管理会社も厳選しよう

資産運用の手段として投資用マンションを選ぶ人が増えています。基本的には安定した収入を確保するための手段です。しかし、投資用マンションでの資産運用はやり方次第で、収入をどんどん大きくしていくことができます。そのための大前提として、空室期間が短くて済むような投資用マンションを選ぶ必要があります。空室期間を短くするためには2つのポイントがあります。1つは人口が増加しているエリアの投資用マンションを選ぶということです。人口が増加しているエリアであれば、賃借のニーズも強くなります。そのため、家賃を下げてまで部屋を埋めようとすることもありません。人口増加エリアの投資用マンションは価格が相対的に高く、投資利回りは見劣りしますが、家賃を維持しながら、空室期間も比較的少なく済むため、収入の確実性を担保することができます。もう1つのポイントは管理会社を厳選するということです。投資用マンションの管理を請け負う不動産会社は非常に多くなっています。しかし、管理に強い不動産会社はそれほど多くありません。不動産管理に強いかどうかを確認するためには入居率と管理戸数を確認しておきましょう。入居率とは、その不動産会社が預かっている物件のうち、どれだけ入居者が決まっているかということを表します。入居率が高いほど、管理に強い不動産会社と言えます。管理戸数が1000戸以上で、かつ、入居率が95%以上であれば優秀な管理会社といえます。